新型コロナウイルス感染症にかかる大会開催の可否について

以下の事項が満たされていることを条件に開催いたします。(以下に該当する場合は大会を中止といたします。)

・長野県がコロナ特措法の緊急事態宣言、まん延防止措置の対象地域となっていない場合

・木曽保健所管内の長野県新型コロナウイルス感染症の感染警戒レベルが4未満の場合

・競技運営に関わる者に感染症患者が発生し、大会開催に支障をきたす事案がない場合

・国内感染状況や感染拡大リスク等を踏まえ、安全な開催が困難であると実行委員会が判断する事案がない場合

 

実行委員会では、新型コロナウイルス感染症の感染状況により大会の開催が可能か判断します。中止の場合は大会ホームページ等でお知らせします。

判断予定日: 8月31日(水)  9月30日(金)※約1か月前  10月21日(金)※2週間前

 

感染症対策について

本大会では、以下の感染症対策を実施します。(感染状況によって今後変更になる場合があります)

 

l         大会規模の縮小

ž            参加者数の削減(定員1,200人から700人へ)

ž            10kmの部は開催を見合わせ、ハーフと5㎞の部のみ開催

ž            開会式や表彰式の縮小

 

l         会場

ž            マスクの着用、手指の消毒、他者との距離を保ち、大声での会話を控えるよう注意喚起

ž            アルコール消毒液を各所に配置、更衣室・トイレ等の換気の実施

ž            受付や大会本部などに、飛沫防止用パーテーション等を設置

ž            来場者の体温チェックの実施

ž            ゴミは各自持ち帰るよう周知

 

l         競技運営

ž            スタート地点の密集と、スタート時やコース走行中の混雑緩和を図る

ž            スタート直前までのマスク着用、フィニッシュ後のマスク着用を促す

ž            大会当日発行の記録証を、インターネットによるWEB 発行に変更

ž            表彰式の受賞対象者を限定し、後日発送等の接触を極力減らす対応を行う

ž            給水所は、接触を極力回避する(使い捨て手袋着用、手渡しの提供を行わない、提供物は個包装のものとする、個々の補給食の携行を推奨等)

 

l         体調管理

ž            大会1 週間前から全ての参加者・関係者は「体調管理チェックシート」による体調や体温の管理を行い、大会当日にチェックシートを提出する(体調管理チェックシート【大会前・提出用】)

ž            大会終了後2週間、全ての参加者・関係者は「体調管理チェックシート」による体調や体温の管理を行う(体調管理チェックシート【大会後・個人管理用】※提出は求めない

 

l         その他

ž            沿道観戦 大声や密集での応援、ハイタッチ等の行為の自粛を呼びかけ

ž            大会WEB サイト等に感染症対策実施の周知